プロフィール

anlay

Author:anlay
ラブ3頭&キジトラ1匹と
ダンナとの6ピキ暮らし。
毎日がますます大忙し!

いくつになったの
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
何番目のお客様?
月別アーカイブ
01  06  07  04  02  01  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  01 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の一日

今日はヨシコがお仕事で1泊留守。
久しぶりにanlayと親子水入らず。←ヒドイ。

こんな日は・・・

そう、お母さんに会いに行こう。



1
母のお墓から見える木


今月11月は月命日。3年前の11月2日は母が亡くなった日。
連休中なので、毎年その日はお墓参りに行きません。

学生時代は山岳部、キャンプも大好きで旅行が大好き。
アタシが車の免許を取ってからはよくフタリで旅行に行きました。
アタシの旅行好きはきっと母譲り。
だって父とは2回しか一緒に旅行した記憶がありませんもの。

そんな人なので、キャンプに来ているワタシについてきてるだろうな、と(笑)
その方が母らしいし、アタシ達らしいなぁと。

アタシが結婚して、暫くして体調を崩し、入退院を繰り返しました。
昭和一桁生まれの父がとても厳しく、生前、母がアタシに電話してくることさえ、
いい顔をしない人だったので、きっと話したい事も沢山あっただろうなぁ。
すぐ我慢する人だったから、きっと辛いこともあっただろうなぁ。

アタシも結婚して、立場が少し母に近づいて、これから色んな事を
話したり聞いてもらったり愚痴ったりしていこう、とした矢先。
お母さん、と呼べる人がいなくなるってこういうことか、と。



2
上に同じくお墓から見える風景


誰もが思うであろう「もっと優しくしてあげればよかった」という後悔。

3年たった今も消えないまま。
最近はとくに「話す相手がいない」ということを痛感しています。


お花を供えてからanlayを連れて行ってご挨拶。

フタリとも元気だよ。
今週末キャンプ予定だから、ついてきてね、お母さん♪

COMMENT

深夜にしんみり。。。
母を亡くすってそういうことなのか。なるほど。
そう思うと、3日に1度くらい実家に電話すると
「いつも気に掛けてくれてありがとう」と言われて
まるでこっちが”掛けてあげてる”っていう感じになってるけど
ちゃうんやなぁ。私が求めてるんやなぁ。ほんまにそーや。納得。

母娘って結婚してからの方が、親子としてプラス女同士っていう
結束感みたいなのが出来て理解し合えるよね。
そやのにそうなろうって時に皮肉にも離れてってしまわれるなんて。。。

身内のことや昔の些細な出来事なんかは、いくら優しい友人が居てもまた別で、
やっぱりお母さんじゃないとアカンのやろなぁ。
でもほら、お母さんには叶わへんけど私で良かったら
ささくれが出来たとかお皿割ったとか、卵買ったら1つだけ割れてたとか
そんな話でもなんでも聞くからね!!

お墓参りしてお母さん喜んだはるわぁ。
でもあの歌じゃないけど、お墓より傍に居ていつも見守ってくれたはるよ。ね。
その木、お母さんも同じ様に見上げたはりそうやね。

オヤスミ~☆

嫁さんと遊(長女)の会話や行動を聞いてると笑いそうになるくらい似てます。
きっとこの先も親子としてライバルや友達として向き合っていくのだなとしみじみ思いますわ。

自分は親父と最後まで友達になれなかったな~。
今ならどうかな?と思う没後10年。

お母さん、素敵な場所で眠ってられるんだね♪
きっと、天然入っちゃってる娘(笑)を、ハラハラドキドキしながら、でも温か~く見ててくれるね。

私は親離れできてないというか。。
両親>ダンナ(ついでに言うとポタン>ダンナ。結局あのお方が一番下ってことか。笑)だから、元気でいてくれていつも気にかけてくれてる事を当たり前のように思っているけど、でもお別れしないといけなくなる日も絶対来るんだよなと思うと、もう既に後悔することもいっぱい…(涙)。

一番傍に居るアンレイ、mamaんの話し相手、相談相手、母代り、頼んだよ♪

★momamaたん★
ちょっとおセンチになってみた、秋の一日。ふふ。
そうそう「これから」って時だったからねぇ。
もう少しだけでも長く生きてくれてたら、と。
でね、やっぱりあの歌のようにお墓にはいないよなぁ、って思うの。
だからアタシがあっちこっち行ってるときは大抵いるだろうな、と(笑)
琵琶湖にも絶対来てたと思う、うん。
きっとインドにも来てただろうなぁ(笑)

お話し相手になってくれる?んじゃ次回から「おかん」と呼ばせてもらお♪


★ku-gさん★
お父様、亡くなってもう10年?!お若かったんですね。
ふふ、お母さんと娘って特別なのよぉー。
ku-gさんがそのうちヤキモチ焼くぐらいに奥様と娘ちゃん、仲良くなるよ♪
でも亡くなったからこそ思う事もありますもんね。
人生ってうまく出来てるなぁ、なんて。


★クリたん★
うわぁ、母の方があたしとは比べ物にならないくら天然だよぅ。
つか、アタシ天然?!天然なの?!知らなかった・・・
ちょちょちょ!まだ後悔早いっ!(笑)
今、そういう風に気が付けるんだから大したもんだ!
アタシなんて爪の先ほどにも思ってなかったもーん。←威張れない・・・
やっぱり親は親。親なんだよねー。←支離滅裂・・・
いないから余計に思うんだけどね。人生そういうものかも・・・
あ。anlay>ヨシコ。こりゃ当然ですがな(笑)

うちもなくなって7年になるかな
もともと遠く離れて暮らしてたから病気になって入院して亡くなっても実感なくてね
でも電話とかで話しする人がいないのってちょっと悲しいね
お墓も遠いのでめったに行かない親不孝もん。
娘を持って母との関係っていいなっておもうの
母に出来なかった事を娘と出来たらいいなって。
でも・・・一番悲しがってたのはお年玉もらえなくなった子供達だったりして・・・ぶぶぶ。

★ゆずママさん★
ウチは車で15分の距離なんですよ。
それなのに頻繁に会ってあげなかったのが今になって後悔…
でもですね。お墓参りも大切だけど。
いつでも思ってる事が大切なのかも、と。
あ、お年玉もらえないその気持ち、すっごいわかります!
だって、アタシが小さい頃、祖父もすでにいなくて、祖母が一人だけだったの。
しかもお正月には会えないのでお年玉ナッシング。
子供心に悲しかったの覚えてる~(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。